福江城跡を清掃 九電工五島営業所

©株式会社長崎新聞社

 長崎県五島市の九電工五島営業所(中村真弥所長)は19日、五島市池田町の福江城(石田城)跡で、石垣の除草作業に汗を流した。

 同社が毎年10月下旬に取り組む社会貢献活動「さわやかコミュニティ旬間」の一環で、1969年から続けて今年で50回目。福江城は江戸末期に築かれた海城で、敷地内には観光客も訪れる国指定名勝「石田城五島氏庭園」などがある。

 作業は、同社の社員約30人が参加。石垣に生い茂った雑草を、手際良く鎌で刈り取ったり引き抜いたりした。中村所長は「日ごろの工事は作業車を公道に止めることも多く、市民に協力してもらっているので、こうした活動で地域に貢献したい」と話した。

石垣の草を取り除く九電工五島営業所の社員=長崎県五島市池田町