秋の夜空、大輪鮮やか やつしろ全国花火大会 

©株式会社熊本日日新聞社

やつしろ全国花火競技大会で、夜空を彩る大輪の花火=20日夜、八代市(上杉勇太)

 第31回やつしろ全国花火競技大会が20日、八代市の球磨川河川緑地であった。連続で打ち上げる迫力のスターマインなど1万4千発の花火が夜空を彩り、約30万人(主催者発表)を魅了した。

 市や市商工会議所などでつくる実行委員会主催。全国の30業者が、鮮やかな火花が直径約300メートルに広がる10号玉や5発連続で打ち上げる5号玉などで腕を競った。

 人気グループ「DA PUMP」のヒット曲「U.S.A.」に合わせた花火で開幕。各花火師が趣向を凝らした花火を披露し、恒例のミュージック花火は映画「グレイテスト・ショーマン」のテーマ曲に乗って、夜空に大輪を咲かせた。

 同市鏡町の農業梅田玲子さん(32)は「毎年見に来るが、今年は晴れて良かった。観客もライトを振って参加している感じが楽しい」。長男の鈴之佑君(文政小1年)は「黄色の花火がきれいだった」と笑顔を見せた。(中村悠)