福知山成美8強 秋季近畿高校野球、京都国際と近江は敗退

©株式会社京都新聞社

福知山成美-神戸国際大付 1回裏福知山成美1死二塁、井戸の左中間二塁打で生還し、ガッツポーズする原(ほっともっとフィールド神戸)

 秋季近畿高校野球大会は21日、ほっともっとフィールド神戸で1回戦3試合を行い、福知山成美(京都1位)は5-4で神戸国際大付(兵庫2位)に競り勝ち、8強入りを果たした。夏の甲子園8強の近江(滋賀1位)は2―5で報徳学園(兵庫3位)に敗れて初戦で姿を消した。秋初出場の京都国際(京都2位)は4―6で明石商(兵庫1位)に惜敗した。

 福知山成美は初回、犠打を挟んで5連打を集め、4点を先制。四回には3番東原の中前適時打で1点を追加した。エース小橋は最終回に4連打と犠飛で1点差に迫られたが、逃げ切って完投した。

 近江は先発左腕の林が2―2の七回1死三塁から中犠飛とソロ本塁打を浴びて2点を勝ち越され、八回にも1点を失った。打線は7安打を放ちながら相手左腕を攻略できず、2得点に終わった。

 京都国際は序盤から長打で圧倒。だが、2点リードで迎えた八回に守備の乱れなどから一気に4点を失い、近畿大会初勝利を逃した。