一山10人抜き、ワコール1位通過 実業団対抗女子駅伝予選

©株式会社京都新聞社

 全日本実業団対抗女子駅伝の予選会は21日、福岡県の宗像ユリックス発着の6区間、42・195キロで行われ、2時間19分16秒で1位となったワコールなど上位14チームが本大会への出場権を得た。

 ワコールは1区長谷川(桂高出)が15位発進した後、2区谷口(京都外大西高出)が3人を抜いた。3区の一山が区間賞の力走で10人を抜いて2位に浮上。5区の坪倉(桂高-佛大出)が首位に立つと、アンカーの福士が区間新の快走で逃げ切った。

 2位は京セラで2時間20分27秒。さらに24秒差の3位に九電工が入った。15位キヤノンAC九州は14位シスメックスに25秒及ばず、予選を通過できなかった。三井住友海上は2区を3位で通過したが、3区岡本の体調不良で途中棄権となった。