秋季関東高校野球 常総 痛恨の幕切れ

©株式会社茨城新聞社

第71回秋季関東高校野球大会第2日は21日、山梨県の山日YBS球場で1回戦3試合を行い、本県1位代表の常総学院は、5-7で桐蔭学園(神奈川2位)に逆転サヨナラ負けを喫した。

習志野(千葉2位)は桐生第一(群馬2位)との延長十四回に及ぶ激戦を3-1で制し、佐野日大(栃木1位)は5-2で東農大三(埼玉2位)に逆転勝ちした。

第3日は22日、同球場で1回戦2試合と2回戦1試合を行う。1回戦第1試合は本県2位代表の藤代が登場し、春日部共栄(埼玉1位)と対戦。試合は午前9時開始予定。

◇山日YBS球場=第3試合
▽1回戦
常総学院(茨城1位)  000000500│5
桐蔭学園(神奈川2位) 010001005x│7

▽本塁打 大高、森
▽三塁打 斉藤
▽二塁打 菊地壮、川久保
▽試合時間 2時間31分
▽審判 辰巳、上野、早川、堀込

▽1回戦
習志野(千葉2位)  00100000000002│3
桐生第一(群馬2位) 01000000000000│1
(延長十四回、十三回からタイブレーク)

(習)山内、飯塚-兼子
(桐)本木、杉山-久保田

▽本塁打 久保田(桐)
▽二塁打 角田(習)

佐野日大(栃木1位) 010000004│5
東農大三(埼玉2位) 001001000│2

(佐)松倉-橋浦
(東)井口、飯島-小島

▽二塁打 松本(佐)堀(東)