スタミナ武器!星さん初優勝 ゲレンデ逆走・フルマラソンの部

©福島民友新聞株式会社

 千葉県船橋市の会社員星貴城さん(49)=会津若松市出身=は20日、猪苗代町の猪苗代スキー場で行われた「ふくしまゲレンデ逆走マラソン」のフルマラソンの部に出場し、初優勝を飾った。

 「逆走」は観光復興のために町内6スキー場が協力して開くゲレンデを駆け上がるレース。8年目を迎え、通算49戦目で初めて42.195キロを走るフルマラソンが行われた。

 大会史上最も過酷なフルマラソンには69人が出場した。星さんは、帰省の機会に初参加。朝の霧に包まれたゲレンデをスタートし、1周約10キロを4周するコースに挑んだ。急角度の上りと下りが長時間続くコースに「休めるポイントがなく、3周目には心が折れそうになった」と振り返ったが、トレイルランニングで10年間鍛えてきた肉体に、声援の後押しを受けて独走した。

 出場者の半分がリタイアする中、星さんは月に500キロ走るという豊富な練習量とスタミナを武器に5時間16分45秒で優勝。「もう当分は上りたくないけど、見下ろすと絶景だった。千葉の競技仲間に教えたい」と語った。

 「逆走」は今季全6戦が行われ、全国から延べ約2000人が参戦。うち43人が6戦を完走した。