沖縄工業野球部が消火手助け 「良いチームワーク」 那覇市の住宅街

©株式会社琉球新報社

 沖縄県那覇市松川の住宅街で21日、鉄筋コンクリート2階建て民家の火災があった。火元の2階部のみが半焼したが、けが人はいない。消火に当たった那覇市消防局によると、現場に隣接する県立沖縄工業高校の野球部員が消火活動を補助した。隊員は「良いチームワークだった」と感謝した。

 午前11時15分、「建物から煙が見える」などと目撃者から119番通報があり消防が出動。午後0時12分に鎮火した。野球部員らは、消防隊員を火災現場方面へ誘導したり、隊のホースを伸ばす作業を手伝ったりした。さらに学校に設置された消火栓を使って放水し、早期の鎮火に一役買った。市消防は近く感謝状の贈呈を検討している。