復興への思い託す

日向ひょっとこ踊り「登別愛好会」が義援金

©株式会社室蘭民報社

復興への思いが詰まった義援金を手渡す会員ら(正面3人)

 日向ひょっとこ踊り「登別愛好会」(堀尾政江代表)は16日、登別市共同募金委員会に「胆振東部地震の被災地復興に役立ててほしい」と義援金2万1千円を寄託した。

 同愛好会は福祉施設や行事で「ひょっとこ踊り」を披露するボランティア団体。堀尾代表ら会員3人が市内片倉町の市社会福祉協議会内にある共同委員会を訪れて、会費や会員有志の“善意”を集めた義援金を手渡した。

 堀尾代表は「震源地の厚真では、行事で踊らせていただいた縁があります。会員一同、復興を願って寄付させていただきました」と述べた。

 同愛好会は踊りを披露する場を求めている。申込先は堀尾代表、電話0143・85局7450番、携帯電話090・9083・7539へ。
(西川悠也)