個別記事ウィジェット機能を利用する

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

「個別記事ウィジェット」機能を使うと、任意の記事1本の見出しをお持ちのウェブサイトから簡単に配信できます。

以下は「はてなブログ」の記事内に個別記事ウィジェットを埋め込んだ例です。

個別記事ウィジェットは、HTMLページのテンプレートにタグを追記するだけで簡単に実装できます。タグの基本構成は、以下の通りです。

<script async src="https://www.nordot.jp/js/widgets-2.0.0.js" charset="utf-8"></script>
<div class="nordot-post-detail" data-post-id="(記事のID)" data-curator-unit-id="(キュレーター・ユニットのID)"></div>

なお、上記タグのうち、divタグ内の

data-curator-unit-id="(キュレーター・ユニットのID)"

という部分以外は、記事ページから以下のようにコピーできます。

PC版でSNSボタン横の「…」をクリックすると「</> この記事を埋め込む」と出てくるので、クリックします。
ウィンドウがモーダルでポップアップするので、「クリップボードにコピー」をクリックするなどしてタグをコピーします。

コピーしたタグに含まれない

data-curator-unit-id="(キュレーター・ユニットのID)"

という部分は、収益を受け取りたいキュレーター・ユニットのIDを「(キュレーター・ユニットのID)」というところに入力したうえで、コピーしてきたタグに付け足します。最終的なタグは以下例のようになります。

<div class="nordot-post-detail" data-post-id="411821165490865249" data-curator-unit-id="012345678901234"></div>
<script async src="https://www.nordot.jp/js/widgets-2.0.0.js" charset="utf-8"></script>

ぜひご活用ください!