中国人のこの行動、あなたは賛成?中国ネットでは擁護の声も

©株式会社 Record China

2018年10月22日、秋が深まり柿が旬を迎えているが、中国の博物館で柿が大量に持ち去られる騒動が続発している。新華社通信が伝えた。

映像は10月18日に河南省洛陽市で撮られたもの。おばちゃんらが長い棒を使って柿を取る様子が映っている。警備員の男性によると、こうした行動をする人はおばちゃんが多く、注意しても気にするそぶりはないという。中には袋一杯に持ち去る人もいるが、警備員にはおばちゃんらの行為を処罰する権限はないためお手上げ状態という。

おばちゃんらの行為にネットでは「素養はどこにいった!」と批判する声も聞かれているが、一方では「博物館が収穫しないなら庶民が取ってもいいのでは?。木を傷つけなければ資源の有効活用になる」との声も多く寄せられている。(翻訳・編集/内山)