特急脱線は速度超過が原因、台湾

運転士を取り調べ

©一般社団法人共同通信社

台湾で起きた列車事故の現場=22日、宜蘭県(中央通信社=共同)

 【宜蘭共同】台湾北東部宜蘭県で21日に特急列車が脱線、横転した事故で、宜蘭県の検察当局は22日、初期段階の調査結果として、現場のカーブを通過する際の速度超過が事故原因との見解を示した。列車は当時、時速80キロ以上で走行しており、100キロを超えていた可能性もあるという。台湾メディアが報じた。

 中央通信社によると、検察当局は22日夜、事故が起きた列車の運転士に対し業務上過失致死容疑で取り調べを始めた。当局は何らかの理由で速度を自動的に制御する列車自動制御保護システム(ATP)が働かなかったとみて調査。運転士が手動で切ったとの報道もある。