制限速度を数十キロ超過/つがる4人死亡事故

©株式会社東奥日報社

 9月22日未明、青森県つがる市の国道101号で車4台が衝突、男女4人が死亡した事故で、県警は22日、酒に酔った状態で乗用車を運転し事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、つがる市森田町大館千歳、西津軽土地改良区(同市)職員の男(32)を逮捕した。容疑者は「運転はしていたが酒は飲んでいない」と容疑を否認している。捜査関係者によると、事故後、同容疑者からアルコールが検出。事故時の容疑者の車の速度が制限速度の50キロを数十キロオーバーしていたことも分かった。

 容疑者が酒に酔っているのを知りながら同乗したとして、道交法違反の疑いで同市森田町上相野若緑、無職の男(33)も逮捕。容疑者は容疑を認めているという。

 関係者によると、両容疑者と、乗用車に同乗していたもう1人の男性(32)は小中学校の同級生。事故の前日も午後7時ごろから容疑者宅の車庫で焼き肉をしていたという。これまでもたびたび同級生らと同じ場所で焼き肉や飲酒をしていた。

 事故では、軽乗用車に乗っていた運転代行運転手山田春治さん(63)=五所川原市=と客の山田久美子さん(46)=つがる市、別の軽乗用車に乗っていた会社員廣船淳さん(43)と妻の愛莉さん(30)=ともに鯵ケ沢町=の4人が死亡。両容疑者、別の同乗の男性に加え、運転代行社の軽自動車に乗っていた運転手男性(58)=五所川原市=の4人が重傷を負った。

 事故で負傷していた容疑者は22日に退院、県警は五所川原署に任意で同行を求め逮捕した。県警は、入院中の別の同乗の男性についても回復を待って事情を聴く方針。

 逮捕容疑は9月22日午前1時10分ごろ、同市森田町下相野亀山の国道101号で、アルコールの影響で正常な運転ができない状態で運転し、死者4人、重傷4人の被害を伴う車両4台による事故を起こした疑い。県内で危険運転致死傷容疑での逮捕者は初めて。

※イメージ画像