雲仙 紅葉見ごろ 例年より早め

©株式会社長崎新聞社

 長崎県雲仙市の普賢岳や妙見岳付近で、紅葉が見ごろを迎えた。カエデやツツジなどが赤やオレンジに色づき、行楽客は仁田峠と妙見岳を結ぶロープウエーから秋色に染まった山の彩りを楽しんでいる。
 一帯は「普賢岳広葉樹林」として1928年、国の天然記念物に指定されている。雲仙ロープウェイによると、18日から冷え込んで一気に色づいた。例年より1週間程度早いという。見ごろは普賢岳付近では11月上旬ごろまで続き、標高が低い地点へと広がる。雲仙温泉街では11月下旬ごろまで楽しめそうだ。

紅葉が見ごろを迎えた妙見岳=雲仙市