明豊と大分4強、センバツ切符射程 九州高校野球

©有限会社大分合同新聞社

【大分ー神村学園】神村学園打線を1点に抑えた大分の長尾=22日、熊本県営八代野球場
【明豊ー長崎商】8回表明豊1死一、二塁、野辺がダメ押しの3点本塁打を放つ

 第143回九州地区高校野球大会第3日は22日、熊本県営八代野球場などで準々決勝4試合があった。県勢の明豊は長崎商を10―1で、大分は神村学園(鹿児島)を8―1で破って準決勝に進んだ。このほか熊本市のリブワーク藤崎台球場の第1試合は日章学園(宮崎)が8―1で熊本西に大勝し、第2試合は筑陽学園(福岡)が延長十三回タイブレークの末に興南(沖縄)を下して4強入りした。23日は休養日。第4日の24日はリブワーク藤崎台球場で準決勝2試合があり、第1試合で明豊は日章学園と、第2試合で大分は筑陽学園と決勝(25日)進出を懸けて戦う。

大分 小刻み加点 1番・主将が流れ呼ぶ

 ▽準々決勝

大  分

100 111 13│8

000 000 01│1(8回コールド)

神村学園(鹿児島)

 【評】小刻みに得点を重ね、粘り強く守った大分が神村学園に大勝し、準決勝進出を決めた。

 大分は初回、足立の右翼線二塁打を足がかりに1死一、三塁とし、相手バッテリー間ミスで先制した。四回に2死三塁から安藤が適時打を放つなど、七回まで毎回1点ずつ加点し、八回には相手バッテリー間ミスなどで3点を加え、リードを大きく広げた。

 連投となった先発長尾は走者を出しながらも持ち味の制球力で要所をしっかりと抑え、8回を1失点の好投だった。

 九州を勝ち抜くために1番打者に抜てきされた足立駿主将(2年)が期待に応えた。初回に先頭打者二塁打を放ち、自ら先制の本塁を踏み、チームを勢いづけた。4強進出に貢献したリードオフマンは「自分が流れをつくることを最重点に考えた」と胸を張った。

 神村学園戦は後攻を狙っていた。だが試合前のじゃんけんに敗れて先攻に。「だったら先手を奪うだけ」と、強打の左打者は初回から自らのバットで有言実行した。

 相手投手の3球目だった。内側の直球を「踏み込む足をいっぱいに外に開いて引っ張った」。打球は右翼線に転がり、悠々二塁へ。続く田中颯悟(1年)の犠打で三進し、相手捕手が後逸した隙を突いて生還。先取点で「チームのムードが良くなって楽になった」と松尾篤監督。その後は攻守で本来の力を発揮し、準々決勝を突破した。

 今年6月に腰を疲労骨折し、「3カ月間、バットも振れなかった」(足立)。それでも柔軟性を培い、体の可動域を広げるなど、地道なトレーニングを続けて県予選前に戦列復帰。努力の成果を九州大会の大きなヤマ場でも発揮した。

 連投のエース長尾凌我(2年)を「早く楽にという思いで一枚岩になれたことも奏功した」と足立。その上で「目標は県予選決勝で敗れた明豊を倒すこと。そのためにも次の試合に全力で臨む」と引き締めた。

明豊 エース強気 内角攻め、8回1失点

 ▽準々決勝

明豊  120 201 04│10

長崎商 000 000 01│1 (8回コールド) 

 【評】投打の歯車ががっちりとかみ合った明豊が長崎商に大勝し、4強入りを果たした。

 明豊は初回、1死二、三塁から野辺の内野ゴロ間に三走野上が生還して先制。二回には成田、野上、宮川の3連続長短打などで2点を挙げて主導権を握った。四回には布施、野辺の連続適時打で2点、六回には布施の適時二塁打でさらにリードを広げ、八回に野辺の3点本塁打などでダメ押しした。

 投げては先発左腕若杉が8回を被安打3の1失点にまとめた。

 明豊のエース若杉晟汰(1年)がテンポ良くコースを突き、長崎商打線を翻弄(ほんろう)した。8回を被安打3の1失点にまとめ、チームの4強入りに貢献し、川崎絢平監督も「あれだけ(投球が)安定してくれれば打線にリズムが出る」と頼れる1年生左腕を褒めちぎった。

 初戦(20日)の五回途中降板の悔しさを胸にマウンドに登った。「(初戦は)逃げの投球だった。自分の持ち味は右打者の胸元(対角線上)にズドンと食い込む球」と、立ち上がりから強気の内角攻めで勝負した。

 本来は右利き。だが幼い頃に利き手をやけどして左手の感覚を養い、左投げに。

 この日もボールから指を離す直前まで回転を加えたキレのいい直球を武器に、七回まで7奪三振、被安打2。味方打線に大量10点の援護をもらって迎えた八回裏に1点を失ったが、「ピンチも楽しめた」と冷静に後続をぴしゃりと断って締めくくった。

 投打の踏ん張りで春の選抜出場へ大きく近づく4強入りは決めた。だが川崎監督は「まだ決まったわけではない。あくまでもこのチームの目標は(優勝して)神宮大会に出場すること」と表情を緩めず、若杉も「もう一度同じことができるとは限らない。無駄な球もあったし、八回の1点も反省点。しっかりと頂点を見据えてチーム全員で次の試合に向かっていきたい」と話した。