Xマスケーキの種類充実

札幌市内の百貨店で予約受け付け

©株式会社室蘭民報社

 札幌市内の百貨店は、クリスマスケーキの予約を店頭やインターネットで受け付けている。道産素材を生かしたものや北海道命名150年にちなんだ商品など、各店限定のラインアップを取りそろえている。(価格は税込み)

星型のイチゴムースとチョコレートを飾った「セットエトワール」=大丸札幌店

 大丸札幌店は、ケーキやスイーツ、オードブルを合わせて112点を展開し、うち20点が今年初めて登場した。平均価格は4千円で、売れ筋の価格帯は3800円~4500円と見込んでいる。北海道章の七光星をモチーフに星を連想させる「セットエトワール」(税込み4968円)などスターケーキ8種類、低糖質、グルテンフリー、希少糖など「ギルティーフリー」のケーキ5種類などを用意している。

カスタードと生クリームにベリーをたっぷり載せた「メリーベリーリース」=丸井今井札幌本店

 丸井今井札幌本店のテーマは「旅するようなクリスマス」。札幌で活躍するタレント、伊藤沙菜さんと三好絵梨香さん、benbeya(べんべや)のパティシエールが協力し、おいしさと美しさを兼ね備えた「メリーベリームース」(4893円)やさっぽろスイーツ2018を受賞したさっぽろ抹茶チーズをクリスマス用にアレンジした「クリスマスさっぽろ抹茶チーズ」(4201円)など70品を用意している。

口溶けのよいスポンジと道産生クリームを使った「パンダのナンポンクリスマスedition」=札幌三越

 札幌三越は「北海道の素材にリスペクト」がキーワード。ケイク&カフェコレットと小林酒造がコラボレーションし、バナナジュレやパイナップル、マンゴーが入ったスポンジと大吟醸のムースをあしらった「ブラン・フラボリッシュ」(5184円)、道産生クリームを使い、シェフが大好きなパンダをあしらった「パンダのナンポンクリスマスedition」(4536円)など96品を展開している。(有田太一郎)