羽田で爆発物など自動検知の実験

五輪に備えテロ対策強化

©一般社団法人共同通信社

羽田空港で行われた実証実験で、金属を探知する機器を通過する利用者=23日午前

 国土交通省は23日、羽田空港の国際線旅客ターミナルビルで、爆発物や毒物、銃器を自動検知するシステムの実証実験を公開した。

 2020年東京五輪・パラリンピックに備え、不特定多数の人が集まる一方、警備が手薄な「ソフトターゲット」のテロ対策強化の一環。実験場所は、自由に立ち入りができる「一般区域」で、一般利用客も加わり、システムの有効性を確かめた。

 実験は22~26日の日程で行われており、出発、到着ロビーと駐車場の計3カ所に機器を設置。金属を検知するゲート型の機器は、スマートフォンや硬貨に反応せず、拳銃やナイフに反応するなど検知の精度を設定できる。