詐欺容疑で元弁当店主告訴、大阪

買い物弱者支援策悪用か

©一般社団法人共同通信社

2017年9月に開店した大阪府千早赤阪村の弁当店

 大阪府千早赤阪村は23日、高齢者ら「買い物弱者」対策のため、村が300万円を補助し昨年9月に開業した弁当店の元店主(57)と妻(57)=堺市=が全額を不正受給したとして、2人を詐欺容疑で府警西堺署に刑事告訴したと発表した。今年6月から休業状態で7月に閉店した。

 村にはコンビニやスーパーが一軒もなく、村は飲食などの小売店開業の支援策として資金の半分を最大300万円補助する制度を設けていた。2人は交付対象となる弁当店の工事費を604万円と申請し、昨年9月に300万円を受け取った。

 今年6月、西堺署から不正受給の疑いがあると連絡があり、村が2人を聞き取りした。