FX投資名目で1千万円詐取疑い

千葉と大阪の男2人逮捕

©一般社団法人共同通信社

 外国為替証拠金取引(FX)への投資名目で三重県伊勢市の自営業の男性(51)から1千万円超をだまし取ったとして、千葉県警は23日、詐欺の疑いで千葉市稲毛区、会社員市山洋一容疑者(49)と、大阪府吹田市、自称アルバイト佐々木洋介容疑者(42)を逮捕した。

 県警によると、市山容疑者は容疑を一部否認、佐々木容疑者は容疑を認め「(市山容疑者の)指示に従った」と供述。県警は他にも複数の被害者から総額数千万円をだまし取った可能性があるとみて、裏付けを進める。