EU、初の予算案修正要求

イタリアに差し戻し

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)欧州委員会は23日、イタリアに対し2019年予算案を見直して再提出するよう要求した。欧州委が加盟国に予算案の修正を求めるのは初めて。巨額の財政赤字を計上し、公的債務が膨らむ恐れがあることなどから、EUの財政規律に反すると判断した。

 イタリアが示した19年予算案は景気刺激策の実行を盛り込んだことなどから、財政赤字が国内総生産(GDP)比で2.4%の赤字になるとしていた。