JR東海、8両編成の新型新幹線

機器配置見直し、浜松工場で公開

©一般社団法人共同通信社

走行試験をする、東海道新幹線の8両編成の新型車両「N700S」=24日午前、浜松市のJR東海浜松工場

 JR東海は24日、東海道新幹線の新型車両「N700S」の8両編成での走行試験を浜松工場(浜松市)で報道陣に初めて公開した。N700Sは2020年度に営業運転を始める。JR東海の新幹線車両は16両編成が設計の前提だが、N700Sは床下に置く機器の形状や配置を見直すなどして、短い編成にも対応できるようにした。

 8両編成を既に運行している山陽新幹線や九州新幹線に加え、海外の高速鉄道へ導入が期待できるとしている。JR東海がN700Sを短い編成で営業運転に投入する計画はないという。