コスプレフェスタ、14カ所に舞台

苫小牧で来月3・4日、1万9000人の参加見込む

©株式会社室蘭民報社

1万6千人が参加した昨年のコスプレフェスタ=昨年11月4日

 コスプレの聖地といわれる苫小牧市。今年も恒例の「とまこまいコスプレフェスタ」(同実行委員会主催)が11月3、4の両日、市内全域で開かれる。6回目の今回はトークショーに声優、女優として活躍する日高のり子さんをゲストに迎え、市内14カ所に撮影スポットが設けられる。同実行委では昨年よりも3千人多い1万9千人の来場者を見込んでいる。

 初日は午前9時50分から樽前山神社で行う成功祈願祭でイベントがスタート。コスプレパフォーマンスステージ(MEGAドン・キホーテ苫小牧店、正午)、日高のり子トークショー(同、午後3時)、とまコス交流会(ココトマ、同6時)。最終日は、アニメソングカラオケ大会・怜花ミニライブ(MEGAドン・キホーテ苫小牧店、午前10時半)、出張メイドカフェ(ココトマ、同11時)、コスプレイヤー学力テスト(MEGAドン・キホーテ苫小牧店、午後1時半)、閉会式(同、同5時)などが予定されている。

 今年の撮影場所はウトナイ湖、トヨタ自動車北海道や科学センター、苫小牧保健センター、苫小牧西港フェリーターミナルなど14カ所を用意する。各種割引など特典があるパンフレットは1日のみが前売り1500円、当日1800円。2日間は前売り2900円、当日3200円。初日が午前10時~午後10時半、最終日は午後5時まで。

 同フェスは毎回、来場者を増やしており、第5回フェスは1万6千人が参加し過去最高となった。事務局の一般社団法人・新文化経済振興機構(札幌市)の堀口哲行理事長は「苫小牧の資源を生かしたイベント作りを進めており、プレイヤーにも浸透してきているのではないか。胆振東部地震の被災者にも元気を出してもらえれば」と今年は1万9千人の来場を見込んでいるという。

 詳細は同フェス実行委事務局、電話0144・32局6448番へ。
(佐藤重伸)