ミカンの産地で「有田むき」

和歌山、速さを競え!

©一般社団法人共同通信社

ミカンを皮ごと割って中身を取り出す「有田むき」の速さを競う選手権のPR画像(JAありだ共選協議会提供)

 ミカンの収穫量日本一の和歌山県で特産の「有田みかん」をPRしようと、JAありだ共選協議会(和歌山市)が24日、ミカンを皮ごと割って中身を取り出す独特のむき方「有田むき」の動画を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿してもらい、速さを競う選手権を始めた。

 参加者は、ミカンを皮が付いたまま手で4分割し、中身を口に入れるまでの動画を撮影。JAありだのインスタグラム公式アカウントをフォローした上で、検索の目印となるハッシュタグ「#有田むき選手権」を付けて投稿する。有田みかん以外のミカンを使うこともできる。

 応募は11月14日まで。