大坂、ケルバーに敗れ2連敗

WTAファイナル1次リーグ

©一般社団法人共同通信社

アンゲリク・ケルバーと対戦し、第1セットでポイントを奪われ悔しがる大坂なおみ=シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】女子テニスの年間成績上位8人、8組によるWTAファイナル第4日は24日、シンガポールで行われ、シングルスの1次リーグA組第2戦で世界ランキング4位の大坂なおみ(日清食品)は同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4―6、7―5、4―6で屈し、2連敗で最下位となった。

 世界6位のスローン・スティーブンス(米国)は同9位のキキ・ベルテンス(オランダ)を7―6、2―6、6―3で下し、2連勝で首位。大坂は4強入りに望みをかけ、26日午後4時(日本時間同5時)以降開始の最終戦でベルテンスに挑む。