空のお仕事、児童が体験

©株式会社北國新聞社

 ANA(全日空)グループの航空教室「ANAブルーアカデミーミライつく~る」は24日、富山市堀川小で開かれ、6年生90人がパイロットやキャビンアテンダントの仕事を体験した。

 ANAグループの社員が講師を務め、児童は五つの職種に分かれて業務を学んだ。グランドスタッフの講座では、荷物にタグを付ける作業を体験した。整備士のクラスでは、実際に飛行機に使われる部品の点検を行った。

 パイロット講座に参加した山室瑛良君は「パイロットは将来の夢だ。一人では動かせず、全員の力が必要だと分かった」と熱心に作業に取り組んだ。

 航空教室は、小学生のキャリア教育として昨年10月から始まった取り組みで、県内では初開催となった。