熱中症搬送9万5千人、過去最多

死者160人、5~9月

©一般社団法人共同通信社

5月、熱中症とみられる症状で倒れた中学生を搬送する救急隊員=京都市

 総務省消防庁は25日、熱中症のため5~9月に全国で9万5137人が救急搬送されたとの確定値を発表した。集計期間は異なるものの、過去最多だった2013年6~9月の5万8729人を約3万6千人上回り、今夏の猛烈な暑さを浮き彫りにした。死者は2番目に多い160人で、10年の171人に迫った。

 都道府県別の搬送者数は東京の7843人が最も多く、大阪7138人、愛知6629人と続いた。人口10万人当たりでは岡山の119人が最多。死者数は愛知14人、埼玉13人、大阪12人の順だった。

 症状別では、65.3%に当たる6万2158人が軽症で済んだ。