「はやぶさ2」チーム、米で会見

新たな謎、小惑星に砂なし

©一般社団法人共同通信社

 【ノックスビル共同】探査機「はやぶさ2」のチームは25日、米南部テネシー州ノックスビルで記者会見し、小惑星りゅうぐうの表面は岩だらけで細かな砂地がなく「新たな謎が加わった」と述べた。観測成果は開催中の学会で発表する。

岩だらけの小惑星りゅうぐうの表面。9月に着陸した小型探査ロボット「ミネルバ2」が撮影(JAXA提供)

 会見した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の藤本正樹教授は、はやぶさ2は来年1月の着陸を目指していると説明。岩石を採れれば、りゅうぐうの全体像の理解に役立つとしている。

 チームによると、小惑星には通常、ごく小さな天体が衝突して細かな粒が生まれ、表面に砂地ができることが多い。初代「はやぶさ」は調査した小惑星イトカワの砂を地球に持ち帰った。

米テネシー州ノックスビルで記者会見する探査機「はやぶさ2」のチーム=25日(共同)