華やかディップ3選♪混ぜるだけで簡単【レシピ付き】

©日本食糧新聞社

こんにちは! 神奈川県の外れ・西湘でほっこり料理教室とワインサロンをしている諏訪麻衣子です。日々忙しい皆様のために簡単なお洒落料理をお伝えしていきたいと思います。
先日、レアな日本酒を定期宅配されているサケタクさんのイベントにお声がけいただき、簡単で華やかなディップ3種類を作らせていただきました! 混ぜるだけの簡単メニューなので、休日の一品に加えてみてはいかがですか?
100円ショップに売っているかわいい瓶に詰めただけで、とても華やかなイメージに♪ クラッカーや薄く切ったフランスパンにぴったりです。作り置きが出来るのも嬉しいメニューです。

シラスとタラコのクリームチーズディップ

__
<材料>__
クリームチーズ 140g(柔らかくする)
タラコ 皮をとったもの(できれば無着色のもの) 60g
シラスまたはチリメンジャコ 50〜80g
長ネギ みじん切り 適量
白胡椒、醤油 お好みで

作り方はいたって簡単。ボウルに材料を入れてよく混ぜ合わせて完成です。醤油は香りつけなので、塩分が気になるなら入れなくても大丈夫です。

シラスは、一般的にイワシの稚魚であることが多く、疲労回復や血流を良くする作用が期待できます。またタラコには、ビタミンE、タウリン、パントテン酸、タンパク質などの栄養が含まれています。ただプリン体も多く含むので、尿酸値が高い方は気をつけましょう。

練りウニとニンジンのディップ

<材料>
人参 200g
練りウニ(スーパーで売っている瓶詰めのもの) 50g
クリームチーズ 50g
白胡椒 適量
醤油 適量

<作り方>

1. 人参は皮をむいて乱切りし、電子レンジまたはオーブンで楊枝がスッと入るくらい柔らかくします。柔らかくなったらミキサーや裏ごし器で潰します。
2. ボウルに(1)と残りの材料を入れてよく混ぜて完成です。

人参は、βカロチンが豊富! 抗酸化作用があります。貧血予防や目の疲れにもオススメの食材です。

プロヴァンス風ディップ

<材料>
ほっけの干物 150g
じゃがいも(男爵やキタアカリ) 150g
ブラックオリーブスライス 15g
玉ねぎ みじん切り 20g
パセリ みじん切り お好みで
黒胡椒 お好みの量
オリーブオイル 適量
ニンニク 擦ったもの 少々

<作り方>

1. ほっけは日本酒を振りかけてレンジやオーブンなどで蒸し焼きにして身をほぐします。 細かい骨もしっかり取り除きましょう。
2. じゃがいもは皮を剥き、茹でて粉ふき芋を作り、熱いうちに潰します。
3. ほぐしたほっけ、じゃがいも、玉ねぎ、パセリ、ニンニク、黒オリーブをボウルにいれよく混ぜます。
4. オリーブオイル、黒胡椒で味を調えて完成です。

塩分が足りないようなら塩や醤油を加えてください。酢漬けのケイパーを混ぜても味が締まります。

このメニューは南フランスの郷土料理であるブランダードをアレンジしたもの。現地では、干し鱈とジャガイモで作ります。

ほとんど混ぜるだけのディップ。シラスとたらこのクリームチーズディップやプロヴァンス風ディップは、サンドウィッチの具としてもおススメです。ぜひ、お試しください♪

最後までお読みくださりありがとうございます。諏訪麻衣子の料理を気にかけてくださったら、ぜひ二宮サロンにもお立ち寄りください。