選挙カーに軽トラは公選法違反?

解釈巡り1日遊説できず

©一般社団法人共同通信社

 28日投開票の岩手県遠野市議選(定数18)で、候補者が使った軽トラックの選挙カーを巡り、公選法違反の可能性が浮上し、市選管が嫌疑が晴れるまでの丸1日、候補者の遊説を自粛させるトラブルがあった。候補者は「大事な1日がつぶれた」と主張。市選管は「過去に例がなく法解釈に時間がかかった」と釈明する。

 市選管によると、軽トラックの選挙カーは21日の告示日から走行していたが、23日になり「軽トラックは市議選に使えないのではないか」と匿名の指摘があった。

 公選法は、市議選に使える車両について施行令で、荷台がある車のように「構造上開放されているものを除く」としている。