ラッピング列車運行 映画「かぞくいろ」舞台の肥薩おれんじ鉄道

©株式会社熊本日日新聞社

26日に運行が始まった有村架純さんらのラッピング車両=芦北町

 肥薩おれんじ鉄道が舞台の映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」が11月下旬に公開されるのを前に26日、主演の有村架純さんらの写真をラッピングした列車の運行が始まった。

 実際に撮影で使った車両を利用した。外装は、有村さんと義父役の國村隼さんの顔写真をデザイン。車内には、撮影時に有村さんが座ったシート紹介のほか、撮影風景写真や出演者のサインの掲示がある。

 映画は鹿児島県を中心に水俣市や八代市でも撮影。同鉄道は「身近な場所で撮った映画を見てもらい、初めての人にもぜひ乗車してほしい」と呼び掛けている。来年夏ごろまで八代-川内(同県薩摩川内市)間で運行する。(福山聡一郎)