「青空トーク」 雇用や福祉など 知事と意見交換

©株式会社長崎新聞社

 中村法道知事が地域の実情や課題に触れる「知事青空トーク」が23日、西海市と北松佐々町であった。雇用や高齢者福祉などについて意見交換した。
 西海市では、スポーツ衣料などのプリントや刺しゅうを手掛ける山崎マークを訪問。山崎秀平社長(40)らと懇談した。
 同社は従業員39人のうち、女性が35人を占める。山崎社長は、子どもの急病時にすぐ対応できるよう勤務シフトを工夫するなど、子育てや介護をしながら働きやすい職場作りをしていることを説明した。
 雇用についても「来年は地元の高校生を初めて新卒採用する。若い人の力がほしい」と山崎社長が述べたのに対し、知事は「若い人が外に出て行くのはもったいない」と応じた。
 北松佐々町では「元気カフェ・ぷらっと」を訪問し、高齢者支援の取り組みを視察した。

Tシャツに文字をプリントする工程を体験する中村知事=西海市、山崎マーク