公明代表、改憲「拙速避けよ」

環境整える努力求める

©一般社団法人共同通信社

 公明党の山口那津男代表は27日、臨時国会での憲法改正論議について「衆参両院の憲法審査会で議論が深められるべきだが、まだ合意らしきものができる状況には至っていない。拙速な議論は避けるべきだ」と広島市で記者団に語った。

 憲法審への改憲案提示を目指す自民党に関し「意見を出したい側が、環境を整える努力がまず必要だ」とけん制した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票条例成立を巡っては「普天間の危険性をいかに除去するかが出発点だ。政府には、謙虚な姿勢での取り組みを求めたい」とした。