海外の名所、重厚タッチ

登別の油絵作家・松本さんが個展

©株式会社室蘭民報社

外国の風景をテーマにした油絵作品と作者の松本さん

 登別市富士町の油絵作家、松本隆一さん(78)の個展が26日、室蘭市山手町のNHK室蘭放送局プラザμで始まり、外国の風景をテーマにした作品が市民の目を楽しませている。

 プラザμでの個展は2001年(平成13年)から始め、3年ぶり12回目。風景画をメインに描き、今回はスペインや中国、台湾、韓国などの名所をモチーフにした23点を展示した。

 「晩秋のアルハンブラ宮殿」(スペイン)、「蘇州水道」(中国)など重厚なタッチと明るい色使いが特長的。来場者は「現地の風を感じるね」とじっくり鑑賞していた。松本さんは「楽しんでいただきたい」と来場を呼び掛けている。28日まで。(成田真梨子)