台北でLGBTパレード

住民投票参加呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

台北市内で行われた、LGBTの権利確立を訴える街頭パレード=27日(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾の台北市内で27日、性的少数者(LGBT)の権利確立を訴える恒例の街頭パレードが行われた。主催団体は11月24日の統一地方選に合わせて行われる同性婚合法化などを巡る住民投票で、LGBTの権利を尊重するよう投票を呼び掛けた。

 LGBTのパレードとしてはアジア最大規模。主催団体によると、参加者は13万7千人で昨年の12万3千人を上回り過去最多となった。

 台湾では昨年5月、憲法解釈を担当する司法院大法官会議が同性婚の権利を認め、2年以内に法改正を行うよう求めた。しかし反対の声も強く、賛成派、反対派双方が住民投票を提案、複数の投票が実施される。