スケートカナダ、宇野昌磨2連覇

女子は15歳山下真瑚が2位

©一般社団法人共同通信社

優勝し表彰台でメダルを掲げる宇野昌磨(中央)=ラバル(共同)

 【ラバル(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は27日、ラバルで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーでトップの188.38点を出し、合計277.25点で2連覇を果たした。平昌冬季五輪銀メダルの宇野はGP通算4勝目。

フィギュアGP第2戦のスケートカナダ、フリーの演技を終えた宇野昌磨=27日、ラバル(AP=共同)

 女子はSP3位でGPデビューの15歳、山下真瑚(愛知・中京大中京高)がフリーで2位の136.76点を出し、合計203.06点で2位に入った。SP2位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は合計181.29点で6位。エリザベータ・トゥクタミシェワが優勝。

女子フリーで演技する山下真瑚=ラバル(共同)