北海道 週明けは暴風・大雨に警戒 峠などでは雪にも注意を

©株式会社ウェザーマップ

29日(月)午前8時の雨と風の予想図

 北海道では、29日(月)は低気圧の影響で日本海側北部を中心に暴風に警戒が必要だ。また、前線や寒気などの影響で、大雨による土砂災害、高波、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに注意し、峠などでは積雪にも注意が必要となる。

北海道地方の風と波に関する気象情報

暴風・大雨

 北海道では、29日(月)は日本海を低気圧が発達しながら北上するため気圧の傾きが大きくなり、29日(月)朝から夜のはじめ頃にかけては、日本海側北部を中心に南西のち西の風が非常に強く、海はしけそうだ。暴風に警戒し、高波にも十分な注意が必要。また、29日(月)は低気圧からのびる前線が北海道を通過するため、大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴って強い雨の降る所がある見込み。27日(土)の雨で地盤の緩んでいる地域では、大雨による土砂災害に十分な注意が必要だ。また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうの降るおそれもあり、屋外での活動や農作物の管理などにも注意が必要となる。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全の確保に努めたい。

30日(火)9時の予想天気図と上空寒気の予想

 前線通過後の29日(月)夜から31日(水)にかけては、上空1500メートル付近に11月中旬並みの寒気が入るため、十勝・胆振・日高地方を中心に標高の高い峠や山間部では雪が降り、積雪状態となるおそれがある。積雪や路面の凍結による交通障害に注意が必要だ。(気象予報士・佐々木聡美)