両陛下、三大行幸啓に幕

地方での交流、節目に

©一般社団法人共同通信社

高知大海洋コア総合研究センターを視察される天皇、皇后両陛下=29日午前、高知県南国市(代表撮影)

 高知県に滞在していた天皇、皇后両陛下は29日、南国市で高知大海洋コア総合研究センターを視察し、羽田着の特別機で帰京された。2泊3日の日程で、全国豊かな海づくり大会などに臨んだ。全国植樹祭や国民体育大会、海づくり大会への出席や、それに合わせた地方視察は「三大行幸啓」と呼ばれ、両陛下が毎年取り組んできた重要な公務だったが、在位中はこれで全てを終了。来年4月の退位を前に、一つの節目を迎えた。

 陛下は退位の意向を強くにじませた2016年8月のビデオメッセージで各地への旅を「天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」と語り、国民との交流に力を入れてきた。