六大学野球、法大が12季ぶりV

45度目、リーグ最多に並ぶ

©一般社団法人共同通信社

12シーズンぶり45度目の優勝が決まり、胴上げされる法大・青木監督=神宮

 東京六大学野球リーグ最終週第3日は29日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、慶大が早大に4―5で敗れ1勝2敗で勝ち点を落として通算9勝5敗となった結果、同じ勝ち点4で9勝3敗1分けの法大が勝率で上回り、12シーズンぶり45度目の優勝が決まった。法大は優勝回数で早大のリーグ最多に並び、明治神宮大会(11月9日開幕・神宮)に出場する。

 慶大は4―3の九回に2点を失った。全日程を終え、2位以下は早大、慶大、明大、立大、東大の順となった。明大の渡辺佳が打率4割2分で首位打者に、早大の小島が1.73で最優秀防御率に輝いた。