温室ガス監視の意義を強調

いぶき2号打ち上げで環境次官

©一般社団法人共同通信社

温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」を載せ、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット40号機=29日午後1時8分(共同通信社ヘリから)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが打ち上げを成功させた温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」について、環境省の森本英香事務次官は29日、種子島宇宙センター(鹿児島県)で会見し「二酸化炭素(CO2)の観測精度が飛躍的に向上する。地球温暖化政策推進に役立つ」と意義を強調した。

 いぶき2号は、高度約600キロの軌道上を南北方向に回り、約2カ月半の機器の点検を経て本格的な運用を始める。CO2のほかメタンなど温室効果ガスの濃度を地球全体にわたって調べ、パリ協定で各国が約束した排出削減の取り組みを把握できる。