住宅に高齢女性の遺体、広島

殺人容疑で捜査

©一般社団法人共同通信社

高齢女性の遺体が見つかった住宅を調べる広島県警の捜査員=30日午後1時27分、広島県呉市

 30日午前9時10分ごろ、広島県呉市広多賀谷1丁目の住宅で、上半身から血を流した高齢女性の遺体が見つかった。広島県警は、現場の状況から殺人容疑で捜査を始めた。

 県警によると、この家に住む70代の女性とみられ、住宅を訪れた近隣住民が遺体を発見した。女性は台所で倒れており、胸の辺りを刺されていた。住宅には夫婦が住んでおり、夫とみられる男性は台所とは別の部屋にいたという。

 県警は女性の身元の確認と、凶器の特定を進めている。