泉投手「実感湧いた」 ソフトバンク指名あいさつ

©株式会社北國新聞社

 25日のプロ野球ドラフト会議でソフトバンクに6位指名された金沢星稜大4年の泉圭輔投手(21)が30日、同大でスカウトのあいさつを受け「プロ野球選手になる実感が湧いてきた。1年目から1軍で投げられるよう期待に応えたい」と意気込みを語った。

 ソフトバンクからは福山龍太郎チーフと山本省吾スカウトが訪れ、王貞治球団会長のサインボールと真新しい帽子をプレゼントした。星稜高OBでプロでも活躍した山本氏は「安定感を評価した。厳しい世界だが、頑張ってほしい」とエールを送った。

 泉投手は金沢市出身で金沢西高OB。187センチ・83キロの右投げ。金沢星稜大から初めて指名選手となった。11月の契約交渉を経て、12月6日の入団会見に臨む。