JR九州「或る列車」 来年1~5月、長崎県内運行 11月1日発売

©株式会社長崎新聞社

 JR九州は30日、豪華な車内で九州各地の旬の食材を使ったスイーツコースを提供する観光列車「或(あ)る列車」を、来年1月19日から5月まで長崎-佐世保間で運行すると発表した。長崎県内の運行は2015年の運行開始以来、4回目。
 3月31日までは金~月曜を中心に37日間、午前便(佐世保から長崎)、午後便(長崎から佐世保)を原則1日1本ずつ運行する。4~5月の運行日は未定。
 大人の料金は座席や利用人数で異なり、1人2万5000~3万7000円。子ども(10歳以上の小学生)は2万3000円。10歳未満は乗車できない。
 JR九州では11月1日から、駅旅行の窓口、「或る列車」ツアーデスクやホームページで発売。一部の便は旅行会社で販売する。