トッテナム、スタジアム建設遅れで…負債は864億円に

©株式会社コリー

『Independent』は30日、「トッテナム・ホットスパーは新スタジアム建設の遅れによるコストをカバーするため、2億3700万ポンド(およそ341.4億円)を借り入れる」と報じた。

今季開幕時にオープンする予定だったトッテナムの新スタジアム。しかし施設の問題が明らかになったことでそれが延期になった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

試合が行えるようになるのは2019年に入ってからになることが確認されており、トッテナムはその間ウェンブリー・スタジアムなど他の施設を借り受けて使用している。

それによってトッテナムの資金的な負担は大きくなっており、今回そのコストをカバーするために2億3700万ポンドを新たに借り入れる予定になったとのこと。

トッテナムの純負債は現在3億6600万ポンド(およそ527.22億円)であるが、この借り入れによって6億ポンド(およそ864.3億円)を突破する見込みとなる。

ただ、新しいスタジアムの価値については、それを超える6億3700万ポンド(およそ917.6億円)と計算されている。