原子力規制委提出資料で誤記

MOX燃料加工工場、原燃

©一般社団法人共同通信社

 日本原燃の工藤健二社長は31日の記者会見で、プルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)を燃料に加工する工場(青森県)の稼働に向けた審査を巡り、原子力規制委員会に提出した資料に誤記や不正確な説明があり、見直し作業が必要になったと発表した。

 規制委は、早ければ年内にも事実上の合格証を取りまとめるとしていた。工藤社長は「完成時期の目標には影響がない」と説明している。

 原燃によると、「以上」と書くべきところを「異常」と誤記したり、審査会合で原燃が説明した内容が反映されていなかったりした。

 加工工場は、原発の使用済み核燃料を再処理したMOX粉末から燃料を作る施設。