慌てた様子の女性が現金引き出しを依頼、会話から詐欺疑う 上尾署、被害防いだ信金支店と銀行店舗に感謝状

©株式会社埼玉新聞社

 振り込め詐欺の被害を未然に防いだとして、埼玉県の上尾署は10月29日、埼玉縣信用金庫桶川西口支店とゆうちょ銀行桶川店に感謝状を贈った。

 同署によると2店は、9月28日に桶川市の70代女性から現金の引き出しを依頼され、会話の内容や女性の慌てた様子などから詐欺を疑い、ホットラインと交番へそれぞれ通報した。

 電話で対応した埼玉縣信用金庫の野呂絵美さん(28)は「女性は詐欺とは疑っていなかった。これからも被害を未然に防いでいきたい」、同、中村年男さん(49)は「警察と連携してお客さまの財産を守ることができれば」と語る。ゆうちょ銀行の石井滋光さん(44)は「地域に密着し、お客さまと信頼される関係を築いていきたい」と話した。

 安達英明署長は「被害を水際で防ぐことが重要。さらなる協力をお願いしたい」と話した。

上尾署が埼玉縣信用金庫桶川西口支店とゆうちょ銀行桶川店に感謝状を贈った