ビジネス環境、日本は39位

世銀報告書、5ランク低下

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】世界銀行は31日、世界190カ国・地域を対象にビジネス環境がどれだけ整っているかを調査した2019年版の報告書を発表し、日本は39位と前年より順位を五つ落とした。1位は前年に続いてニュージーランドだった。

 安倍政権は世銀のビジネス環境ランキングで「20年までに先進国3位以内」に入ることを目標に掲げているが、達成は極めて厳しくなってきた。

 世銀は起業のしやすさや資金調達環境、電力供給、税制など10項目を分析。日本は手続きの多さなどから「起業のしやすさ」の項目で93位にとどまったほか、資金調達環境や税制などの項目で評価が低かった。