上野のシャンシャン、独立準備へ

母子一緒は年内まで

©一般社団法人共同通信社

ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=10月22日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)は1日、ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香、雌)が来月1歳半となることから、乳離れや独り立ち準備のため、13日から徐々に母親シンシンと離れて過ごすようにすると発表した。年内には完全別居にする方針で、これまでのように母子がじゃれ合う様子は見納めとなる。

 上野動物園によると、ジャイアントパンダは群れをつくらず単独で生活し、野生だと1歳半~2歳ごろに独り立ちするという。昨年6月に生まれたシャンシャンは、犬歯が永久歯に生え替わるなど順調に成長。授乳が続いているが、タケやリンゴの餌もよく食べることから独り立ちを促すことにした。