48カ国から378人参加 「津波の日」高校生サミットが開幕

©株式会社紀伊民報

 将来の防災リーダー育成を目的に、世界の高校生が防災について話し合う「世界津波の日 高校生サミット」が10月31日、和歌山市のビッグホエールで始まった。国内や海外47カ国の高校生計378人が集まり、2日間で「世界津波の日」の由来となった和歌山の先人浜口梧陵の防災精神を学び、災害から人々をいかに守るか考える。

 県や県教育委員会など主催。国連の国際防災戦略事務局駐日事務所が共催し、外務省や文部科学省、国土交通省、経済協力開発機構などが後援する。「世界津波の日」(11月5日)は、江戸時代の安政南海地震で、広川町の浜口梧陵が稲むらに火を放ち、住民を津波から高台に避難させた故事にちなんで、国連が2015年に制定した。

 高校生サミットは16年から国内で開いていて、県内では初開催。国内からは田辺、串本古座、新宮、日高など県内9校を含む北海道から九州まで49校134人。海外はアルゼンチンやオーストラリア、ブラジルなど47カ国から244人の高校生が参加。初日は開会式や分科会などがあり、すべて英語で進行した。

 高校生議長を務めたのは串本古座高校2年の伊森安美さん、日高高校3年の中井充歩さん。開会式では伊森さんが、北海道胆振東部地震やインドネシア・スラウェシ島の地震や津波の被災者に追悼と励ましの言葉を掛けた上で「このような地震や津波などの自然災害から命を守るため、私たちに何ができるか、すべきか、皆さんと真剣に議論したい」と呼び掛け、中井さんが開会宣言した。

【日本を含め世界48カ国378人の高校生が集まり、防災について話し合う「世界津波の日 高校生サミット」開会式(10月31日、和歌山市で)】