キュレーションの具体的な流れ

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

キュレーションの基本的な流れを説明します。

キュレーションとは
nor.では、見出しを選別することを「キュレートする」と表現し、見出しを選別する行為、または選別された見出しのことを「キュレーション」と表現します。

また、選別した見出しをnor.のデータベースに保管することを「キュレーションの作成」と表現します。選別後にnor.のデータベースに保管された見出しのみを狭義の「キュレーション」と呼ぶ場合もあります。

nor.のデータベースにキュレーションを保管しない使い方(1)

1. 記事の見出しを取得する。
2. 取得した見出しを配信する。

もっとも簡易的な方法ですが、unit_idは自動的に付与されません。

nor.のデータベースにキュレーションを保管しない使い方(2)

1. 記事の見出しを取得する。
2. 取得した見出しを選別する。
3. 取得した見出しを配信する。

取得した見出しを、編集者やサイト運営者が選別してから配信する方法です。この場合も、unit_idは自動的に付与されません。

nor.のデータベースにキュレーションを保管する使い方

1. 記事の見出しを取得する。
2. 取得した見出しを選別する。
3. 選別した見出しをキュレーションとして保管する。
4. 保管したキュレーションを取得する。
5. 取得したキュレーションを配信する。

選別した見出しを、nor.のデータベースにキュレーションとして保管してから配信する方法です。unit_idが自動的に付与されます。読者を誘導した記事ページ下部にもあなたのキュレーションが表示され、収益取得機会も増大します。
あなたのキュレーション活動のすべてがnor.のデータベースに保管されるので、管理や再活用がよりしやすい方法です。

より詳しくは、キュレーションのユースケースをご覧ください。