SNSアカウントからキュレーションを配信する

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

Haruna Kaneko

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

Haruna Kaneko

ノアドット株式会社

1992年生まれ。2017年3月より、ノアドット株式会社所属。テレビドラマ鑑賞が趣味です。

Haruna Kanekoの記事一覧を見る

自身のSNSアカウントからキュレーションを配信できます。
手順は、以下の通りです。

1. nor.のアカウントとSNSのアカウントの連携

以下のガイド記事に従って、nor.のアカウントとSNSのアカウントを連携させておきます。

2. 検索式の保存

以下のガイド記事に従って、nor.に保管されている記事を絞り込むための検索式を設定し、保存しておきます。

記事を検索する

3. キュレーションの作成

以下のガイド記事に従ってキュレーションを行うと、手順 1. の連携設定に従って、キュレートした記事が自動的にSNSアカウントに投稿されます。

キュレーションを作成する

⚠️

上記の手順に従ってSNSアカウントに投稿されたキュレーションは、「?c=(キュレーター・ユニットのID)」パラメータが自動的に付与された記事のURLを含んでいます。

一方で、「Buffer」「Hootsuite」などのSNS管理アプリを使って、もしくはTwitterやFacebookに直接、キュレートした記事のURLを投稿する場合には、自身で「?c=(キュレーター・ユニットのID)」パラメータを記事のURLに付与する必要があります。
この場合でもキュレーターとしての収益還元は得られますが、キュレートした記事ページのフッタ部「Curated by」にはアノテーションが表示されないなどの制限があります。