野党、入管法案に反発

「無責任」「論外」

©一般社団法人共同通信社

 野党は2日、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法改正案を政府が閣議決定したことに反発した。立憲民主党の長妻昭代表代行は「何人増えて、予算をいくら付けるのか一切分からない。がらんどうで無責任な法案だ」と国会内で記者団に語った。

 共産党の笠井亮政策委員長は記者会見で「論外だ。法案の体を成しておらず、審議のしようがない」と批判した。